大切なお知らせInformation

2022年05月 新型コロナウイルス感染症を原因とする入院共済金請求の取扱いについて(更新)

新型コロナウイルス感染症に伴う入院共済金の請求について、次のとおりご案内いたします。

  1. 新型コロナウイルス感染症の治療を目的として入院した場合、生命・傷病共済、新長期生命80及び長期生命共済は「疾病入院」として取扱います。
  2. 前記の入院共済金については、病院又は診療所(以下「病院等」という。)への入院のほか、保健所等の指示により指定された病院等以外の施設(ホテル等)又は自宅で療養した場合でも支払の対象とする特例措置を行っています。(※)
    ※この特例措置については、今後、関係法令等の改正により変更することがありますので、ご承知おきください。
  3. 共済金の請求には、当組合の所定の請求書のほか、保健所等公的機関が発行する書類又は医師の診断書のご提出が必要です。(コピー可)
    (1)療養期間が10日以内であれば、My HER-SYS(マイハーシス)の「療養証明書画面」(プリントアウトしたもの)を、療養開始日(=診断年月日)の証明書類として使用することができます。
    (2)一部の自治体においては、自ら検査し新型コロナウイルス感染症の陽性が判明した場合に、医療機関を受診せずに自主療養を行う取組が行われています。この場合において、自治体が発行する「療養証明書」(※)を請求時の添付書類とすることができる場合があります。
    ※令和4年4月22日時点では、神奈川県の「自主療養届出システム」で発行される「療養証明書(自主療養専用)」が対象となります。
     なお、同システムで発行される「自主療養届」では請求することはできませんのでご注意ください。

詳しくは都道府県警等(厚生担当課)の警生協支部担当者までお問合せください。