保険・共済の選び方Find insurance, mutual aid

警察官、警察職員が万一の場合に備えて加入しておいたほうがよい「死亡保障額」シミュレーション

警察官、警察職員が万一の場合に備えて加入しておいたほうがよい死亡保障額シミュレーション
1.本人(夫)の年齢を入力して下さい。
2.本人(夫)の職種を選択して下さい。
3.配偶者(妻)の年齢を入力して下さい。
4.現在の生活費(月額)を入力して下さい。
(教育費、住居費を除く)
万円
5.こども(1人目)の現在の年齢・学年を
選択して下さい。
こども(1人目)の現在の進学状況および今後の進学予定を選択して下さい。
学校区分 幼稚園 小学校 中学校 高校 大学
公立
私立
6.こども(2人目)の現在の年齢・学年を
選択して下さい。
こども(2人目)の現在の進学状況および今後の進学予定を選択して下さい。
学校区分 幼稚園 小学校 中学校 高校 大学
公立
私立
7.こども(3人目)の現在の年齢・学年を
選択して下さい。
こども(3人目)の現在の進学状況および今後の進学予定を選択して下さい。
学校区分 幼稚園 小学校 中学校 高校 大学
公立
私立
8.配偶者(妻)の収入(月額)を入力して下さい。
万円
仕事を辞める年齢
9.(賃貸住宅の場合)現在の家賃(月額)を入力して下さい。
※持家にお住まいの方は入力不要です。
万円

万が一の場合に備えて加入をオススメする死亡保障額

死亡保障額

万円

うち警生協の生命共済で契約できる金額

万円

うち他の保険で契約しておく金額

万円

【試算の前提条件】
・本人(夫)の年齢は18歳以上65歳以下が対象です。
・本人(夫)のみの情報ではシミュレーションはできません。
・こどもは3人まで指定できます。大学4年生までが対象です。

【算出にあたっての前提条件】
・当シミュレーションの数値は、平成30年4月現在の公的年金制度、税制、関係法令等に基づき試算しています。
・当シミュレーションは、警察職員向けに開発したものです。万が一の時に今までの生活水準を維持し、経済的な不安なく生活を送れるよう、一時的収入〔生命共済〕と継続的収入〔遺族年金等〕及び支出〔生活費等〕を考慮し死亡保障額を算出しています。

上記で表示している警生協の生命・傷病共済の掛金(月額)

保障内容
生命共済
死亡共済金
万円
傷病共済
入院共済金
掛金
総合計
生命共済
傷病共済
必要保障額、今後の支出、今後の収入の内訳

ご参考万が一の場合の必要保障額

今後の支出

万円

今後の収入

万円

必要保障額

万円
今後の支出の内訳
末子独立までの生活費
遺族の生活費
万円
末子独立後の生活費
末子独立後の生活費
万円
生活費について(子がいない場合)
遺族の生活費
万円
こどもの教育費
こどもの教育費
万円
こども(1人目)の教育費
万円
こども(2人目)の教育費
万円
こども(3人目)の教育費
万円
今後の住宅費
配偶者が亡くなるまでの住宅費
万円
予備費
その他、予備費
万円
支出の合計万円
今後の収入の内訳
遺族年金の目安受取額
万円
死亡退職金の目安受取額
万円
配偶者(妻)の収入
万円
収入の合計万円

<ご参考> 万が一の必要保障額
【作成に使用したデータ】
・平均余命は、厚生労働省「第22回完全生命表」を使用
・遺族厚生年金は、総務省「地方公務員給与の実態」より標準報酬月額を算出
・こどもの教育費は、文部科学省「平成28年子供の学習費調査」、「平成28年学生納付金調査結果」及び「平成27年私立大学入学者に係る初年度納付金等金額調査」(文科系学部の金額)を使用。 ただし、生活費は含めていません。下宿の場合は1年につき120万円程度の費用が別途かかります。
・死亡退職金は、一般財団法人JP生きがい振興財団発行「価値ある人生のために」に掲載の死亡退職手当を使用
・予備費として、葬儀関連費用、社会保険料を加算。持ち家の場合は更に固定資産税と住宅修繕費を加算