保険・共済の選び方Find insurance, mutual aid

保険の見直しで家計の節約 【入院保障編】

ご存知でしたか?医療費の自己負担はひと月最大約2.5万円又は5万円です。

ひと月の医療費の自己負担額は「高額療養費制度」により一定額に抑えられています。警察職員の場合は、さらに警察共済組合の給付制度である「一部負担金払戻金」等があり、1か月当たりの自己負担が、25,000円を超える場合、その超えた額については、給付金が支給されることになっています。(病院の窓口で一旦支払い、後日給付されます。)同様の制度は、被扶養のご家族にもあります。
※標準報酬の月額が53万円以上の方は5万円

  • チェックポイント①実際入院したらどれくらいの
お金がかかるのかチェック!
  • チェックポイント②入院日額過多?様々な保険に
入りすぎていないかチェック!
実際入院したらどれくらいのお金がかかるのかチェック!

【入院時の自己負担の主な内容】

入院日額過多?様々な保険に入りすぎていないかチェック!!
  • (1)入院日額は、5,000円~10,000円で十分です。多くても15,000円以内にする。
  • (2)いま契約している医療保険に様々な特約が付いていたら、それは見直しと節約のチャンス
    • ・複数の医療保険を重複契約し、手術、通院、生活習慣病、がんなどの特約が重なっていないか?
    • ・見直しの結果、浮いたお金は教育資金・住宅資金・老後の生活資金等として貯蓄に回すのがベスト。
  • (3)掛金が安い、警生協の「傷病共済」を利用する。

●傷病共済の月額掛金

傷病共済の月額掛金
入院日額 39歳まで 40~49歳まで 50~59歳まで
8,000円 790円 880円 1,040円
年間180日の長期保障。通算支払日数無制限

※毎年契約更新した場合、年間180日までの保障が繰り返し受けられるので、長期入院でも安心です。割戻金35%(平成29年度実績)で実質掛金は約520円(39歳まで)

*傷病共済は単独では契約できません。生命共済とのセット契約となります。

月額掛金をチェックしてみましょう!

生命・傷病共済の掛金シミュレーション

【ご参考】傷病共済の入院共済金支払状況

怪我

若い人でもケガは多い!
20~50代の、骨折での入院日数の平均は2週間~20日ほど。入院が長引くことも多い。

  • 若い人の請求も多い!
  • 怪我の入院は長引く!

病気

なぜ50歳を過ぎると病気になりやすくなるのか?
40~50代になると、『外見からわかる老化』『臓器の老化』など、身体のあちこちで老化は徐々に始まります。
原因は細胞が老化することによる免疫力・適応力の低下です。そのため、ウイルス・細菌等に対する抵抗力や病気からの回復力が下がっていき、病気になりやすくなります。

  • 病気は50歳過ぎると多くなる!
  • 怪我の入院は長引く!

※警察職員生活協同組合のお支払状況より