保険・共済の選び方Find insurance, mutual aid

住宅を取得されたら

住宅を取得された組合員の皆さんへ

住宅を取得したら、生命保険(生命・傷病共済)と火災保険(新火災共済)を見直しましょう。
建物がご自分の所有になった場合は、「建物」契約をしましょう。いつでも中途契約ができます。
建物の再取得価額で契約することができるので、経年による補償額の減額はなく安心です。また、地震等による損害にも、共済金が支払われます。
契約に関するご相談は、都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者にお申し出ください。

保障減額のお勧め ~団体信用生命保険加入で必要保障額の見直し~

住宅補償のお勧め ~地震・盗難補償付きで掛金の安い新火災共済~