警生協の共済Keiseikyou mutual aid / kyousai

警生協年金「ゆとり」

特長
特長1月々の掛金は1,000円から積立可能

年1回の募集時に、月払・半年払の掛金の増減ができますので、ご自身のライフイベントに合わせて、計画的に積立をすることができます。また、育児休暇に入り、給料の支払がない場合でも、掛金の積立を中断できるので、脱退せずにこの制度を続けることができます。

特長2年1回の臨時積増しと退職手当による積増しが可能
どちらも1回の払込限度額は最高1,000万円

お手元の余裕資金を年に1度まとめて預け入れをすることができます。現職中に計画的な積立てができなかった場合でも、退職手当で積増しをし、年金として受取ることができ、セカンドライフの計画が立てやすくなります。

特長3Bコースは1か月以上の加入で年金としての受取が可能

退職直前に積立をスタートしても、1か月以上の積立期間があれば、退職手当で積増しをすることで、年金として受取ることが可能になります。

特長4Aコースは10年以上の加入が必要ですが、税制適格型で個人年金保険料控除の対象

Bコースの「一般の生命保険料控除」とは別で「個人年金保険料控除」の対象となり、所得税は年間最高5万円、住民税は年間最高3万5千円の所得控除を受けることができます。

特長5Bコースは積立中、一部引出が可能

セカンドライフのためだけでなく、教育資金や住宅資金として計画的に積立て、必要なときに積立額の中から一部(最低20万円)を引き出すことができます。

保障内容・掛金

仕組み

拡大

年金の種類及び支払

1年金の種類

年金の支払は、10年確定年金・同15年・同20年及び15年保証期間付き終身年金の4種類から選択していただき、退職後又は据置期間満了後、年2回1月と7月に年金をお支払いします。

拡大

2据置期間

退職時、ご自分の計画に合わせて1年から10年までの期間を選択し、年金の受給を据え置くことができます。据置せずに年金受給することもできます。据置期間中にご加入者が死亡された場合は、年金又は一時金をご遺族にお支払します。

3年金受給期間中に死亡したときはご遺族に年金を支払

加入者が年金受給(保証)期間中に死亡した場合には、ご遺族の方が残りの受給(保証)期間の年金を受け取ることができます。残った年金原資を一時金で受け取ることも可能です。

掛金

掛金1

毎月払込みを基本とします(月払1,000円~30万円)。

掛金2

月払掛金に加えて、期末・勤勉手当の支給に合わせた1月・7月の半年ごとの払込み(半年払掛金)を併用することができます(半年払1,000円~50万円)。

掛金3

さらに、各コースごと毎年1月には掛金の臨時一時払掛金(10万円~1,000万円)を、また、退職時には掛金の退職時一時払掛金(50万円~1,000万円)を併用することができます。

掛金4

Aコースは半年払掛金のみ、Bコースは月払・半年払掛金ともに中断することができます。
中断できる期間についてはパンフレットをご覧ください。

契約取扱

加入できる方

加入資格は、次のとおりです。加入資格を満たせば両方のコースに加入できます。

①Aコース(税制適格型)

警生協の組合員で、加入日現在正常に勤務されており、加入日から退職日までの掛金払込期間が10年以上ある方

②Bコース(一般型)

警生協の組合員で、加入日現在正常に勤務されており、加入日から退職日までの掛金払込期間が1か月以上ある方

加入時期

毎年1回、8~9月の募集時期にお申し込みいただき、翌年1月1日から加入することができます。

解約

いつでも解約できます。都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者へお申出ください。手続書類をお送りします。ただし、積立期間が短期間の場合は、積立金額が払込掛金の合計額を下回ることがありますのでご注意ください。 

Q & A
【各種変更・届出】
改姓したときの届けは、どうしたらよいですか?
結婚等で改姓された場合は、都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者へ連絡の上、「改姓届兼受取人変更届」をお取り寄せいただき、提出してください。
年金の受取口座を変更したいのですが、どうしたらよいですか?
財形年金共済については、都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者へ連絡の上、「送金方法変更届」をお取り寄せいただき、提出してください。警生協年金「ゆとり」については、日本生命保険相互会社へご連絡ください。
警生協支部の連絡先はどこですか?
警生協支部の問合せ先はこちらになります。なお、警察庁(警察大学校、科学警察研究所、警察共済組合を含みます。)を退職された方は、警生協事務局支部へご連絡ください。※共済金のご請求や各種届出は、現職組合員、退職組合員ともに都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者にご連絡(提出)願います。
引越しをしたときは、住所変更が必要ですか?
退職組合員の方は、都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者へ連絡の上「住所変更届兼火災・災害共済契約動産移動届」をお取り寄せいただき、提出してください。警生協のホームページからもダウンロードすることができます。警生協年金「ゆとり」については、日本生命保険相互会社へご連絡ください。
現職組合員の方は手続不要です。
【死亡】
死亡共済金等の請求手続はどのようにしたらよいですか?
都道府県警察等(厚生担当課)の警生協支部担当者に連絡し、契約内容や支払条件を確認の上、請求手続を行ってください。
契約者が亡くなった場合、受給している財形年金やゆとり年金はどうなりますか?
財形年金を確定年金で受け取られている場合は、残りの年金原資を指定受取人の方へお返しいたします。警生協年金「ゆとり」については法定相続人の方が一括で受け取る又はそのまま年金として受け取るかを選択の上、お手続をしていただくことになります。
【契約】
現在、受け取っている財形年金共済や警生協年金「ゆとり」を、一時金として受け取ることはできますか?
受給開始後の財形年金共済は、一時金として受け取ることはできません。警生協年金「ゆとり」は、一時金として受け取ることができます。詳しくは、「年金受給のしおり」でご確認いただくか、日本生命保険相互会社にご連絡ください。
【税金・確定申告】
財形年金や警生協年金「ゆとり」を受給しています。確定申告は必要ですか?
財形年金共済は非課税ですので、確定申告の必要はありません。警生協年金「ゆとり」は、利息部分が雑所得扱いとなりますので、確定申告が必要です。
警生協年金「ゆとり」を解約したときの税金はどうなりますか?
中途で解約すると利息部分については、一時所得として所得税の課税対象となります。解約返戻金と払込保険料との差額から50万円を控除し、残額があれば、その残額の1/2が他の所得と合算して課税されます。