保険・共済の選び方Find insurance, mutual aid

保険の見直しで家計の節約 【貯蓄編】

保険の見直しで家計の節約をした結果、
実現を目指す目標はなんでしょうか?

お小遣いの増額、家族旅行、子供の教育費、住宅の購入、ゆとりあるセカンドライフの準備等、目的も目標も様々です。その中でもセカンドライフのための資金は、準備の必要性はわかっていても漠然としていて、目標を立てづらい費用です。しかし、すべての方にとって準備が必要な資金で、長い期間をかけてゆっくり積立てる方もいれば、短期集中で積立てる方もいます。気が付いたその日から、無理なく無駄なく計画的に準備を始めることを、お勧めします。

セカンドライフの資金

準備しなければならないお金の目安約2,200万円を確実に貯めるため、警生協でお勧めしている財形年金共済と 警生協年金「ゆとり」を有効に活用してはいかがでしょうか。 今も未来もゆとりある生活を目指しましょう。

◆財形年金と警生協年金「ゆとり」の主な違い
項目 財形年金
予定利率(注) 年1.20%
振込限度額 385万円
積立金一部引出制度 なし
税制優遇 利息に対して非課税
年金受給前に解約した場合は課税
年金として受け取る場合の利息に対する税制取扱 非課税
確定申告不要
項目 警生協千金「ゆとり」
Aコース Bコース
予定利率(注) 年1.25%
振込限度額 上限なし
積立金一部引出制度 なし 有・10万円単位最低20万円以上かつ積立金現在高の所定の限度額の範囲内
税制優遇 個人年金保険料控除 一般生命保険料控除
年金として受け取る場合の利息に対する税制取扱 雑所得
子供の教育費 ・住宅関連資金

セカンドライフの資金に比べ、短期間で目標額に達したい資金としては、教育費や住宅関連資金があります。警生協年金「ゆとり」Bコースは、解約せずにご自身の積立金残高から20万円以上10万円単位で積立金の一部を 引出すことができるため、目的に合わせた資金の準備をすることが可能です。

■大学教育費(4年間自宅通学)

国立   約549万円
私立文系 約705万円

出典:生命保険文化センター「ライフプラン情報ブック・大学に係る教育費」H29から抜粋。

戻り率※
約109%
※積立額÷払込掛金額

毎月10,000円を18年間で
積み立てた場合
予定利率 年1.25%(注)

払込掛金額  216万円
積立額   約236万円

■住宅購入時購入価格・手持金・予定返済額

建売住宅

購入価格 約3,337.8万円
手持金  約313.1万円
1ヵ月当たりの予定返済額
約9.25万円

■住宅購入時購入価格・手持金・予定返済額

マンション

購入価格 約4266.7万円
手持金  約739.8万円
1カ月当たりの予定返済額
約11.7万円

独立行政法人 住宅金融支援機構 「2016年度フラット35利用者調査」より

戻り率※
約102%
※積立額÷払込掛金額

毎月30,000円、賞与時70,000円を
6年間で積み立てた場合
予定利率 年1.25%(注)

払込掛金額  300万円
積立額   約306万円

戻り率※
約103%
※積立額÷払込掛金額

毎月60,000円、賞与時140,000円を
8年間で積み立てた場合
予定利率 年1.25%(注)

払込掛金額  800万円
積立額   約826万円

(注)現在の予定利率は、経済情勢等により将来変更される場合があります。