保険・共済の選び方Find insurance, mutual aid

人生100年時代に備えて 警生協の共済の利用で、着実な資産形成を! 大切な家族を守る生命共済 大切な家を守る新火災共済人生100年時代に備えて 警生協の共済の利用で、着実な資産形成を! 大切な家族を守る生命共済 大切な家を守る新火災共済

「人生100年時代に」備えて!

基本的なリスクに対しては、警生協の四共済等の利用を通じて効率的な保障(補償)を実現し、節約した資金を将来の資産形成に役立てましょう!

  • 「人生100年時代に」備えたライフプラン「人生100年時代に」備えたライフプラン
  • 死亡・入院リスクへの備え死亡・入院リスクへの備え
  • 住宅の被害への備え住宅の被害への備え
  • 長生きに対する備え長生きに対する備え
死亡リスクへの備え生命・傷病共済

万が一の時、残された家族がこれまでと同様の生活ができるように準備しておくこと、それが死亡リスクへの備えです。「入っていれば安心」ではなく、契約内容をしっかり確認しましょう。公的な保障や配偶者の収入見込み等を踏まえ、必要な保障額を把握し、準備することが重要です。

死亡保障額の算出方法死亡保障額の算出方法

  • 死亡保障額シミュレーション
  • 生命・傷病共済掛金シミュレーション
  • 生命・傷病共済 令和4年7月1日以降の
契約
入院リスクへの備え生命・傷病共済

ひと月の医療費の自己負担額は「高額療養費制度」により一定額に抑えられています。警察職員の場合は、さらに警察共済組合の給付制度である「一部負担金払戻金」等があり、1か月当たりの自己負担額が、25,000円を超える場合、その超えた額については、給付金が支給されることになっています(病院の窓口で一旦支払い、後日給付されます。)。同様の制度は、被扶養者のご家族にもあります標準報酬の月額が53万円以上の方は5万円
差額ベッド代や食事代等、自己負担となる部分は1日当たり約10,000円程度です。以前に比べて入院日数は短くなったといわれていますが、悪性新生物で入院した場合の平均日数は17.1日となっており、傷病によっては入院が長期化します。個室利用の有無等、ご自身の希望も踏まえて必要な分だけ共済や保険でカバーするよう検討しましょう。

●入院時の自己負担費用を把握しよう!

1日当たり約8,000~10,000円程度1日当たり約8,000~10,000円程度

●主要傷病の平均入院日数

  • 生命・傷病共済掛金シミュレーション
  • 生命・傷病共済 詳細ページ
住宅の被害への備え新火災共済

近年、地震や台風、大規模災害等、50年に一度、100年に一度と言われる災害が全国各地で発生しております。災害への備えとして、住宅に対する十分な補償の確保が重要となっています。改めて、ご自宅に対する損害補償の内容を確認し、不足している場合は見直をしてください。

火災だけでなく台風や地震等の自然災害による被害への備え
主な補償内容

火災も自然災害も盗難もセットで補償火災も自然災害も盗難もセットで補償

年額掛金

(例)共済金額:建物契約 2,000万円 動産契約1,000万円の場合 木造17,500円 建物12,000円 動産5,500円 鉄骨・耐火構造14,500円 建物9,000円 動産5,500円 マンション構造10,500円 建物5,000円 動産5,500円(例)共済金額:建物契約 2,000万円 動産契約1,000万円の場合 木造17,500円 建物12,000円 動産5,500円 鉄骨・耐火構造14,500円 建物9,000円 動産5,500円 マンション構造10,500円 建物5,000円 動産5,500円

ご存知ですか?

●隣の家が火元となり自分の家が焼けてしまった!補償はしてもらえるの?

火災により被害を被った場合、故意や重大な過失がない限り火元となった家は損害賠償の責任を負わなくてよいこととなっています。そのため、自分の家は自分で火災保険に契約して守る必要があります。

●落雷でテレビやパソコンが壊れた!火災保険に入っていれば大丈夫?

団体や保険会社により契約の内容は様々ですが、動産の契約をしていなければ補償されません。新火災共済でも「動産」のみの契約をすることができます。賃貸住宅にお住まいの方は動産の契約にプラスして、借家人賠償責任特約を準備しておくと安心です。

●新火災共済は、一年更新で、現職中はもちろん、退職後も退職組合員となって、一生涯にわたり契約することができます。また、組合員死亡後も承継組合員制度を利用し、最長10年継続することができます。

●新火災共済は、地震補償を自動付帯しており、民間の火災保険のように別途地震保険に契約する必要はありません。住宅取得や他保険からの切り替え等、いつでも契約が可能です。是非一度、掛金を試算してみてください。

  • 新火災共済掛金シミュレーション
  • 新火災共済 詳細ページ
長生きに対する備え新長期生命80・終身生命共済

「人生100年時代」は始まっています。ある程度の貯蓄があれば、共済や保険に頼る必要はないと言われていますが、超高齢社会を迎え、今後の公的医療保障制度は変化していくでしょう。長期入院等のリスクに備え、退職後の保障を準備しましょう。

退職後の入院リスクヘの備え
●75歳からの医療費

75歳からの医療費(窓口で払うお金・実際に払う医療費の上限・通院のみの自己負担額)75歳からの医療費(窓口で払うお金・実際に払う医療費の上限・通院のみの自己負担額)

(注)一定以上の所得者は別途所得区分に応じた自己負担限度額になります。2022年度後半から、単身世帯で年収200万円以上、夫婦ともに75歳以上の場合、年収が320万円以上ある方は、2割負担になることが、全世代型社会保障会議で最終報告されています。

●新長期生命80は、80歳で保障が終わってしまうけど大丈夫?

「高額療養費制度」の利用で、共済や保険に頼らなくても貯蓄でカバーできるという考え方もあります。また、一般的な医療保険では介護施設への入居は保障の対象外となっています。
80歳以降は保障範囲が限られている「共済や保険」より、何にでも使える「貯蓄」を充実させておくという選択肢もあるでしょう。

60歳退職時の保障必要原資額( 入院日額5,000円の場合)60歳退職時の保障必要原資額( 入院日額5,000円の場合)

※予定利率年 1.2%で計算。予定利率は、金利水準の低下その他著しい経済変動等、契約の際予見することができない事情の変更により、将来変更することがあります。

退職後の死亡リスクヘの備え

最近の葬儀は、家族葬などシンプルに行う傾向があり、葬儀費用は以前に比べ減少傾向にあります。終身の死亡保障は、葬儀費用の他、亡くなった後の当座の費用として、残された遺族のための保障です。遺族のため、又は重度障害等で介護費用等が必要になった時のため、「人生100年時代」への備えとして、「貯蓄」とは別に準備しておくという考え方もあるでしょう。

●終身生命共済ってどんな保障なの?

退職後の死亡(重度障害)保障(1口100万~5口500万円)です。現職中は、1口当たり20万円の災害死亡等の保障があります。現職中に毎月積立てをしますが、払込みする共済掛金の金額を減らしたり、中断することができるため、ライフサイクルに合わせた積立てが可能です。

  • 新長期生命80 詳細ページ
  • 終身生命共済 詳細ページ

「人生100年時代」に備えて、今見直すべきポイント!

「人生100年時代」への備えは、貯蓄の必要性に気付き、どれだけ準備ができたかで、大きく差がつきます。死亡・入院の保障、住宅の補償は警生協の共済事業を利用することで支出を節約し、小さな掛金で大きな保障(補償)を手に入れ、財形年金や警生協年金「ゆとり」で確実な資産形成を目指しましょう。「人生100年時代」は警生協の共済事業で準備!!

大切な家族を守る! 生命・傷病共済 新長期生命80・終身生命共済大切な家族を守る!

  • 死亡保障額シミュレーション
  • 生命・傷病共済掛金シミュレーション
  • 生命・傷病共済 詳細ページ

大切な家を守る! 新火災共済大切な家を守る! 火災保険

  • 新火災共済掛金シミュレーション
  • 新火災共済 詳細ページ
生命保険と火災保険の見直しで浮いたお金は

着実な資産形成のために!財形年金共済 警生協年金「ゆとり」着実な資産形成のために!財形年金共済 警生協年金「ゆとり」

※1 23歳で契約。重点積立期間10年(月額1.6万円、ボーナス払5.6万円)。調整積立期間22年(月額3千円)。据置5年。予定利率年1.2%で計算(令和3年10月1日現在)。予定利率は、金利水準の低下その他著しい経済変動等、契約の際予見することができない事情の変更により、将来変更することがあります。

※2 30歳で契約。月額10,000円、ボーナス40,000円。30年間積立。退職時1,000万円積増し10年据置。予定利率年1.25%で計算。
予定利率は、令和3年3月3日現在のもので、将来の受取額を約束するものではありません。また、実質の利率は予定利率に配当を加え、保険事務費を差し引いた水準になります。

  • 警生協年金「ゆとり」積立シミュレーション
  • 警生協年金「ゆとり」受取シミュレーション
  • いくらたまるかシミュレーション
  • 目標額貯めるぞシミュレーション
  • 財形年金共済 詳細ページ
  • 警生協年金「ゆとり」 詳細ページ
  • 新長期生命80 詳細ページ
  • 終身生命共済 詳細ページ

現役時代にどれだけ貯蓄できたかで、30~40年続くセカンドライフの明暗が分かれます。
死亡・入院の保障、住宅の補償を警生協の共済事業を利用し、小さな掛金で大きな保障(補償)を手に入れ、財形年金や警生協年金「ゆとり」で確実に貯蓄しましょう。

セカンドライフのモデルケース

セカンドライフのモデルケースセカンドライフのモデルケース

※1 公的年金は組合員のみの受給額で、配偶者に基礎年金や厚生年金がある場合は別途受給できます。

※2 据置(10年)後の年金原資1,900万円で試算。

※3 新長期生命80と終身生命共済は本人コースです。本人・配偶者コースの場合は、配偶者分の生存共済金と長寿祝金共済金が支払われます。